杉本園の紹介

お茶の収穫・製造・加工は全て自社で行っています。

杉本園では栽培は勿論のこと、製造・加工も自社工場で行っています。

商品は全て自分達のお茶を使い、余所のお茶を混ぜることは一切ありません。
どなたでも安心して飲んで頂けるお茶になっています。

お茶の収穫

お茶の収穫には乗用お茶刈り機を使い収穫しています。

以前は二人で機械を持って収穫する小型の機械は主流でした。
今は人手不足や農家の高齢化により、大型の乗用お茶刈り機が主流になってきました。

人が持って収穫する機械に比べて、一定の高さで綺麗に新芽を収穫することができます。

お茶工場でお茶揉み

お茶揉み=製造も『有機JAS認定の自社工場』で行っています。
動画のような大型の機械で揉んでいきます。

ここの工場では自分達で栽培した茶葉だけを製造しています。
なので、余所のお茶と混ざることは絶対にありません。

お茶の仕上げ・火入れ

製造したお茶を袋詰めの前に『仕上機』で形を整え、火入れを行います。

お茶時期に揉んだお茶は形が不揃いです。
その為この機械でカット(切断)と、大きさ毎に茶葉の分類をしていきます。
この後の火入れを揃え、お茶の味わいを一定にする為の大切な作業です。

カットして形を揃えたお茶を『棚乾燥機』で火入れしていきます。
直接火で炙るのではなく、熱風を送って芯からお茶を乾燥、火入れしていきます。

火入れした後は味わい深いお茶が出来上がります。

この記事を書いた人
3代目お茶農家エイゴ
杉本園の長男坊
3代目と書いてあるけど、農家としては実は5代目?

→プロフィール←

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です