杉本園月通信

私の毎日は義父とのドライブデートです!(2022年3月編)

母
明けましてありがとうございます。
おはようございます!こんにちは!こんばんは!
2022年3月にお付けした通信を写真付き編集しました。
母が書いた記事になります。

「母さん、久しぶりに3月編書いてもらえる?」と息子に頼まれましたが・・・
実はここ数年、仕事関係はお手伝い程度になっています。

義父のデイサービスのない日は、相変わらずのドライブデートです。
午前・午後の2回、30年ほど前に住んでいた家と、その周辺の田畑巡りをしています。

義父
義父
今日は雨ん降ってないでいいな~♪
私
そうだね~。じゃあ行こうか。
義父
義父
おー行かざ~

・・・と毎回お決まりの会話で出かけます。

山と田畑に囲まれた地滑り地区。
冬は午後二時になると日が陰ってしまう”この場所”が義父の心にはとても輝いた風景として今も残っています。

最初は意気込んで行きますが、この地区は人も少しずつ減り、義父の友達も今は一人しかいません。
旧家も物置状態で、時折通る電車の音だけが大きく聞こえます。

着いてすぐに「もういいわ。帰らざ~。」と寂しそうに言います。

その後は主人や息子のいる畑に行き見つけるとご機嫌になります。
大きな声で・・・

義父
義父
お~い!来たぞ~!!

・・・と声を掛けますが、草刈りをしているので機械の音が大きくて聞こえません。

そのうち気づいてくれると・・・

主人
主人
お~!じいさん来たか(笑)

・・・と主人が手を振ると満足します。

息子がいる時はそこに行って止まると・・・

義父
義父
あれは誰だ。
私
鋭悟達だよ。
義父
義父
お~そうか、お~い!!

・・・と、また大声で呼びます。
そして、携帯で写真を撮ってもらうとご機嫌です。

義父は「この道は若い頃よく通ったな~。」「高校に行った時?」「お~そうだ。」と、その頃の話をしながら、畑巡りのデート第一弾は終わります。

その途中で、私はフキノトウを採ったり、椎茸を採ったりします。

そして、午後になると・・・

義父
義父
おい、こうやって家にいてもつまらんで、なあたまにはどっかへ行かざ~

・・・と息子やパートさん達に「いってらっしゃい♪」「じいちゃんいいな~♪」と見送られてまた出掛けます。

ABOUT ME
3代目お茶農家エイゴ
杉本園の長男坊
お茶農家としては3代目、農家としては実は5代目?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。